そなエリア東京で防災体験!

ワンズは行けませんでしたが、有明にある東京臨海防災公園にある
そなエリア東京で、みんなで防災体験をしてきました〜

入り口でおちゃらける の図!
b0132390_12585716.jpg

なぜか かか だけが逃げだそうとしています!
走ってはいけませんよ! と、ことが手を広げる。。。
はの は冷静に動向をうかがう!!!

なかなか面白いです〜(爆)


すげ〜広いの!
b0132390_1311018.jpg

本部棟の屋上(空中庭園)から広場を見渡すと、
左側にはヘリポート、右側は多目的広場(ベースキャンプ用地)が広がります。

正式には 本部棟=有明の丘基幹的広域防災拠点施設 といい、
内閣府が管理する「防災施設」だそうです!

セットじゃないよ!
b0132390_136059.jpg

本物のオペレーションルーム!
都心に震度6強の地震が発生した場合に、本部となる施設。


自家発電や水、備蓄食糧は計画中らしいのですが、
今回の震災前に計画されているので、燃料は3日分、水は6トンとありますが
どの程度持つのでしょうか???

先日の震災時は都内で建物の倒壊や火災、道路の不具合もほとんどなかったのに
完全なる交通&通信麻痺が起こってました。
官庁街にいる人たちが、発災と同時に本当にこの施設に来れるの?

かなりの疑問が残ります。


また、震災発生から3日間を生き延びれば救助隊や物資にありつけるというのが
長いこと言われてきましたが、首都機能が失われたとしたら?
1週間でも厳しいと思うのは僕だけでしょうか???



さて、体験スタート!
b0132390_13122188.jpg

DSを使ってクイズを解きながら、72時間を生き延びる知恵を付けるというモノ。

震災の設定は
 東京湾内を震源とする、マグニチュード7.3の直下型地震。
 東京の最大震度は、震度6強!


第1想定
 「発災」デパートの10階から1階へエレベータで降下中に震度6強の地震発生
 「脱出」電気の消えた従業員通路を通って町へ出る 非常誘導灯が頼り
 「被災市街地での行動」垂れ下がった電線や火事を起こしている店 どこを歩くべきなのか?
 「避難」指定されている避難場所へ移動 ホッと一息

第2想定
 第1想定に加え、火災による煙が発生した通路内からの脱出。
 想像以上に懐中電灯が役に立たず、煙の速さと低さにビックリ。


施設内だよ!
b0132390_1319454.jpg

倒壊した日本家屋。
耳を澄ますと中から助けを呼ぶ声が!
たぶん、ととだけがもの凄く怖かった! と言うか助けに入りそうだった!!


びびりながらもポーズ!
b0132390_13212996.jpg

本当はもっと暗いんですが、、、頑張ると妙に明るく撮れるので、、、
結構リアルですよ〜


ガード下!
b0132390_13224334.jpg

どうやらデパートは駅に隣接する建物だったようです!
すぐ脇には電車のガード、地下鉄の駅が見えます。
でも、ガードの下って危ないんじゃないのか???


避難中!
b0132390_13241870.jpg

こっちの方が臨場感ありますね!
それほど広い施設ではないのですが、なかなか良かったです。

揺れが体験できるともっと真剣になれたかも!?


ただ、煙は本当に良い経験でした。
真っ暗闇の中、もうもうと吹き出してくる煙の中、
冷静に脱出することが出来るのか?

こんな状況でも、我先にとダッシュする方もいて、、、
子供達も色々な体験が出来て良かったと思います!



頭だってば、、、
b0132390_13292051.jpg

まだ十分に手が頭の上に届きません!!!
可愛いぞ、こと!

体勢を低く、頭を守りながら注意深く進む!


次女が演じる自助のポーズで〆です!



これだけ体験しても、参加費は無料〜施設もキレイだし行く価値ありです!
[PR]

by toto_caca | 2011-05-19 13:36 | みんなでお出かけ!