グレース脱臼!

3月22日の朝のお散歩での出来事。

いつものようにボール投げをしていました。
ランの中だったので、それほどガツガツ走らさず軽い感じで。
ま、これもいつもと変わらない朝の光景。

いつもと同じようにグレースがボールをキャッチし、振り返ったところ
横からアドルフとハルがグレースに駆け寄る!
これもいつもと同じ。

止まりきれないアドルフがグレースのお腹の下へに潜り込む。
これもよく見る光景。


が、次の瞬間グレースの悲鳴が!
断末魔ってこれか?と思えるほどの叫び声。
その場に立ちすくんで、右の後ろ足を地面に付いていない。
しばらく叫んで落ち着いてきても、足が着けない。

これはただ事ではないと感じ、すぐにかかに車で迎えに来るように連絡。
ハル&アドルフをリードに繋ぎグレースを抱え上げる。
が、お尻の辺りを触ると絶叫!
でも尻尾は振っている。

状況が把握できないまま、車が来る方へグレースを抱きかかえて移動。
目がうつろになってきてヨダレが酷い。
相当な痛みなんだろう事は容易に理解できた。

早々に散歩を切り上げ、近所の病院ではなくハルの膝を治してもらった病院へ!
お仕事はほぼ全てキャンセルして病院へダッシュ!!

すぐにレントゲンを撮ってもらい、診断結果は股関節脱臼!
b0132390_1652455.jpg

見事に外れています。。。


手術の日程はこの時は決まらず、安静と鎮痛剤の投与のため緊急入院。。。
さっきまでいつも通りだったのに突然の混乱。


夜になって病院からの連絡。
「他の予定をやりくりできたので手術は明日します。
 時間をおかない方がダメージが少なく完治しやすくなるし、
 徒手整復では、また外れる可能性が否めない。」
信頼している先生からの言葉なので、よろしくお願いしますと伝えました。



股関節が外れるメカニズム
 股関節からつま先までが真っ直ぐに伸び、さらに膝が外を向いた状態で
 内ももを上に押し上げるような力加わる
 骨盤を下へ押しつけるような力が加わる
 こんな時に抜けやすいらしい。

 徒手整復の場合はこれの逆を行って入れるそうです。
 若い子の後ろ足を拭く時はこんな力がかからないように
 注意しないといけないですね。
 
 グレースのように怪我の場合は抜けた後に前足方向にずれるらしいのですが
 形成不全とかだと後ろにずれたりするらしいです。

今回のグレースの場合は、後ろ足を蹴る直前にアドルフが潜り込み、
アドルフを飛び越えようと蹴った瞬間にアドルフの背中で膝が上へ、、、
こんな感じだと思います。
不幸中の幸いだったのは、アドルフとグレース2頭が怪我をしなくて良かった。
グレースだけなら抱きかかえて歩けるけど、2頭は無理。。。


一つでも良かったことを見つけておかないと凹んじゃう〜


手術の内容はまた後日。
[PR]

by toto_caca | 2012-04-23 18:22 | ワイマラナーロングヘアード