カテゴリ:フラットコーテッドレトリバー( 104 )

ほっ!

スーパームーン!

あまりにきれいなので久しぶりに天体観測!
b0132390_0211677.jpg



で、ほっ!は、、、
気合いを入れた訳ではなく、ハルの左膝の再検査結果!

2週間前に受診して、朝晩の投薬治療と運動制限。
1週間を過ぎる頃から腫れもだいぶ収まり、
少しずつお散歩にも一緒に行くようになっていたので
我が家的には快方に向かっている確信はあったのですが!!!

やはり受診し、先生の判断で悪いモノではなかっただろう。
との言葉を聞くだけでやっとこさ僕らの気持ちも、
触ってきたハルの膝も問題なしと肩の力が抜けた感じ〜

以前に腫瘍の出来やすい箇所や転移する可能性を聞いていたので、
膝から踵......全身のチェックも毎日やっていました。
小さなしこりがあっても見逃さない!と、気合いを入れて!!

数日前からグレース&アドルフとの散歩に合流。
疲れてきて膝が開く感じと、痛がっている感じを注意深く見極め、
痛がっていないとの判断から少しずつ歩かせました。
順調に歩様にも力強さも戻り、見ていて安心できます。

あ、今のハルの歩様を見ても何の問題も無い子と比べたら
相当膝が開いていて、股関節か膝関節の疾患を疑われます。
まぁ〜両方とも問題はあるので否定できませんが!
それでもこれがハルなんですよね〜

そんなんこんなで、もうしばらくしたら関節系のサプリメントを再開予定!
犬系のサプリはイマイチ信用できないので色々考えてます。


グレースのこともあるので慎重に。慎重にね!
[PR]

by toto_caca | 2012-05-07 00:21 | フラットコーテッドレトリバー

ハル 4歳!

今年は何も特別なことはしてあげられなかったけど、
元気に飛び回って4歳を迎えることができました!(涙)

走っていることだけでも奇跡なのに〜
我が家のアイドルです!(笑)


やんちゃ坊主に押され気味な面もあるけれど、
お兄さんらしくビシッとしてくれています。



少し前だけど
b0132390_2322632.jpg

2月に四季の森さんに行った時です。

もの凄くハルっぽいでしょ!?

しかしお兄さんぽくなっちゃって、残念なような嬉しいような不思議な感じです。



また来年、笑顔でおめでとうって言えるように頑張ろう!



色んなことがきちんと落ち着いて、安心してお散歩ができるように!



とにかくお誕生日おめでとう!

実は、、、
[PR]

by toto_caca | 2011-04-25 23:33 | フラットコーテッドレトリバー

いつまでも一緒!

10/29に亡くなり、悲しいお別れから1週間。

我が家の喪が明けました。
いつまでも凹んでいては、彼も悲しむから!

ハルは形見分けを頂きました!
b0132390_18524830.jpg

アドルフが絡むこと絡むこと!


やせっぽちのハルには少し大きいけどね!
b0132390_18534734.jpg

でも、似合ってます!


形見分けを着させるって?
色んな考え方がありますが、彼の面影に近いかな?と
b0132390_18542086.jpg



これが一番似てるかな?
b0132390_18555298.jpg

やはりやせっぽちすぎてどうにも締まりませんね!(苦笑)



 お家には必ず遊びに行くので呼んでね!

 この荷物が届いた時、ハルだけは荷物から離れなかったそうです。
 お家にお別れに行った時も、必死に彼のいる方へ走ろうとしていました。
 ハルには相手が誰だかきちんとわかっているようです。
 嘘のような本当のお話。




。。。。。

亡くなったのは
[PR]

by toto_caca | 2010-11-06 19:05 | フラットコーテッドレトリバー

訃報

とても悲しい連絡を頂きました。

声を出して泣きました
未だ泣いています
辛いです


でも、僕よりも辛い思いをしている人たちがいます

一日も早く、その悲しみが和らぐように
笑顔が日常に戻りますように

すぐには無理なことは知っています
理解は出来ても受け入れられないと思います



それでも今の僕には泣くことしかできません



全てから解放されて、今までの笑顔を取り戻して欲しい
悲しみに包まれた家族全員が
[PR]

by toto_caca | 2010-10-30 22:14 | フラットコーテッドレトリバー

ドッキドキ!

昨晩から今朝にかけて、久しぶりにドキドキしました〜

もの凄く悪い意味で!!!

ととが帰宅すると決まってはしゃぎ回る、ハル&グレース。

いつものように、それ見ろ!脱臼してるじゃないか!って治そうとしたのですが、、、
ハルが膝を曲げたがらない。。。
もの凄く痛がり、珍しくキャンッて。。。
散歩に連れ出しても、ワンツーしたら帰ると訴えてる。。。
跛行してもおかしくないほど、左足に負重がかかっていない。。。

少し腫れている膝を触りながら、とうとう。ついに。やっぱり。
と、ネガな考えに支配されつつ対応を考えてました。
ひねったとか、一過性のものであれば朝になれば多少は良くなるだろう。
万が一の場合であっても、一時を争うものではないだろう。

で、今朝は朝一番で右膝の手術をした病院へ!
8:30には付いたのですが、すでに並んでる〜相変わらず人気だなぁ〜
手術から2年も経つのに、スタッフさんや先生達も覚えていてくれた!
みんながハルの膝を触り酷いことにはなっていないんじゃないか?
レントゲンは確認した方が良いんじゃないか? とかとか、、、
と、診察前に色々な意見が聞けたり!

で、検診の結果は「ねんざ」。
お散歩もボール投げとかしない限りは制限なしでよいとのこと。
いやぁ〜、ホッとしました!


が、以前から気になっている右前足と左後ろ足の弱さは変わらず。。。
かばっている分だけ負担がかかっているのだろうと。

とりあえず1週間は、消炎鎮痛剤ではなく靱帯の張りを弛緩させる薬を飲ませます。
日々調子が戻ってくれればいいのですが。。。
あまりに良くならないと、犬種ゆえに起こりやすい腫瘍の心配が。
腫れや痛みが引かないと判断しかねるらしいのですが、
日々見落としがないようチェックする事も勧められました。
リンパ節の触り方、確認の仕方も教えてもらったので毎日触って確認です!



ボール投げもグレースと一緒ではなく、別々にした方が良いかもしれない。。。

ハル&グレースがじゃれながら、ジグザグに走って帰ってくる様は
何度見ても本当に楽しそうで見ているこちらも楽しくなるのですが。。。


2月、3月と裏磐梯へのお出かけが決まりました!
いつまでも楽しく遊ばせるためには、多少の我慢は致し方ない。


色々考えないといけません。
[PR]

by toto_caca | 2010-01-27 19:29 | フラットコーテッドレトリバー

すっかり忘れてた!

ハルが右膝の手術をしたのが、昨年の5月8日。。。

あっという間の1年でした!
このブログを立ち上げて、術後何日なんて書いていたのが遠い昔のよう。。。

すっかり忘れてました〜もう1年経っちゃった!!!(驚)

それなのに、検診にも行かず、、、海で遊んでいるとは。。。(苦笑)


まぁ、何もなく回復しているので全てオッケーと言うことで!!!


今週末は病院だな!(苦笑)



[PR]

by toto_caca | 2009-05-12 11:46 | フラットコーテッドレトリバー

ハル君お誕生日会!?

かかが一生懸命ケーキを作ってくれました!

相当美味しかったらしく買ってきたものとは勢いが違いました!!!

まずは、お約束!?
b0132390_18491322.jpg

こんなにも継続して使うことになるとは!(爆)

室内の明かりだけでどうにか撮ろうと無理をしたがために、、、
かぶり物の色が飛んでしまいました。。。

バックショット!
b0132390_18505085.jpg

後ろから見た方がほっかむりみたいで可愛い!(笑)


で、かかの力作!?
b0132390_18513481.jpg

みんなが大好きなイチゴを小さく切って、HAL 2!

白い皿で反射しちゃって、、、クリームの色がなかなか出ませんでした〜


角度違い
b0132390_1853647.jpg

こっちの方がケーキっぽく見えるかな?
半球状の豪快なケーキです〜

で、中身!
b0132390_18541216.jpg

スポンジは、小麦粉・卵・蜂蜜だったかな???
クリームはカボチャのクリームです!


ハルさんは豪快に半分!
b0132390_1858255.jpg

あまりにケーキの量が凄かったので、この日の晩ご飯はこれだけ!!!
良いんだか悪いんだか、正直なところをハル&グレースに聞いてみたいです!(爆)


すでによだれが、、、
b0132390_18593613.jpg

そりゃ真剣ですよね〜(笑)


まだっすか???
b0132390_1902265.jpg

小首をかしげて猛烈アピール中です!


とと、、、お願いします!
b0132390_1954717.jpg

なかなかヨシを言ってくれない かか ではなくととを見てしまう!
この時床はすでによだれでビチャビチャです!(苦笑)

真剣です!
b0132390_1971347.jpg

ハルは、食べている時に体を触ってもフードボウルに手を入れても
へっちゃら。と言うか手を避けて食べ続ける!(爆)
待て! で食べるのをやめちゃいます。

何とも平和なお食事!


か、固いっす!
b0132390_1975942.jpg

でかい&固かったらしくフードボウルではなく床で食べてました!(苦笑)
あぁぁぁぁ〜〜〜〜

旨いっす!
b0132390_19105951.jpg

歯ごたえと良い、味と良い、食べ応えがあって旨いっす!(笑)

間違いなく目が物語っています!!!


お待ちかねグレース!
b0132390_1912231.jpg

もちろん、よだれダラダラ〜(笑)
ハルが食べにくそうにしていたので、グレースは小さくカット!


本当に表情豊か!
b0132390_1913392.jpg

食べている時のグレースの表情は、本当にいつ見ても面白い!

グレースは食べている時に体を触られると、落ち着いて食べられません!
どこを触っても、大抵は食べるのをやめちゃいます〜
普通は、怒るかやめるかですよね!?


食べ終わると、、、
b0132390_19155078.jpg

いつの間にかピッとした表情に戻ります!
本当に表情豊かで面白いです!


食べ終わった後は、2頭ともきちんと歯磨きしました!
グレースもととの膝の上でフガフガ言いながらも、我慢できるようになりました!
少しずつでも毎日のように口の中に指を入れていると、段々と慣れますね〜

まぁ、グレースの場合はダッコの体勢に持ち込めれば大人しいんですけどね!(爆)



おまけ!
b0132390_1919715.jpg

ぴったりサイズだね〜こと!(爆)

この後、自分では外せずにもがきまくって大泣きしました!!!(爆爆)



とにかく、無事に?2歳を迎えられて良かったです〜
今年は何事もなく、普通に過ごせたら良いなぁ〜と。


ハル&グレースの2歳は、泳ぐことから始まりそうです!!!
こちらも非常に楽しみですね!



ぽつぽつ編集しているサプリについての考察は、近日公開!!!(謎)


皆様も、事故や怪我の無いようお過ごしくださいませ!


お誕生日おめでとう! ハル君!
[PR]

by toto_caca | 2009-04-23 19:24 | フラットコーテッドレトリバー

ハル! 2歳おめでとう!!!

ハル君2歳です。

まぁまぁ色々あった1年でしたが、色々あったおかげで本当にあっという間!!!(爆)

朝から暑かった〜
b0132390_14171971.jpg

だいぶ毛も伸びてきてフラットっぽくなってきた!?(笑)
セッターと勘違いされている方も多数!

毛がフッサフサになるのは3歳くらいみたいですね〜
病院とかで会う方も3歳が区切りだと聞きました!


暑ちぃ〜
b0132390_14482188.jpg

グレースのベロが広がってますね〜
グレースはカメラがあまり好きではないのでそっぽ向いてます!


もういやぁ〜
b0132390_14474470.jpg

ハルはカメラ目線なのですが、、、グレースの不機嫌そうな顔!(爆)
直後の「おいで!」ではジャンピングアタックされたことは言うまでもありません!


こんな感じで、2歳最初の散歩でした!



さて、今日はかかがバースデーケーキ?を作る予定!
が、ととは最後の打ち合わせが19:00〜!



かぶり物撮影もあるし早く帰らねば!!!(爆爆)
[PR]

by toto_caca | 2009-04-22 14:47 | フラットコーテッドレトリバー

術後経過 339日目('09 04/12)続き

検診を受けるきっかけとなったのが、お散歩の帰りに歩かなくなること。

フェッチをしたり、走り回ったりする原っぱを出ると途端にグッタリ。。。
ダラダラと、本当にダラダラと気怠そうに下を向いて歩く。

それでもどうにかしばらく歩くと、へたり込んでしまい横たわってしまう。
体を撫でても呼びかけても微動だにせず。
左右の膝を触っても脱臼や酷い腫れもなく、ハルが自分から立ち上がるのを
黙って待っているような事が多くなってきたから。

立っている状態での脱臼や腫れ、関節を動かした時に痛がらないかの膝チェック。
後ろ足同様に関節を動かしたり、筋を触ったり色んな角度に動かす肩と肘のチェック。
股関節が外れていないことを確認してから、上から押してみて負重のチェック。
背骨が湾曲したり一部分だけ飛び出したりしていないかのチェック。
肩胛骨から首にかけての筋や骨の具合のチェック。
パウに傷が付いていないか、変な物を踏んで刺さったりしていないかのチェック。
爪が割れたりささくれ立っていないかのチェック。
尻尾の付け根やその周辺のチェック。

全てをチェックしても痛がる様子もなく、おかしな事も何もない。
が、時折背中を丸めるような仕草を見せたりするので腰から下のトラブルを
疑うのが賢明だと考え、チェックするものの何も見つけられず。

元々トロット以下の速度では、個性的な歩様になっているので膝&肘を曲げられていて
ケンケンしていなければ、痛み等のトラブルではなくいつもと同じ。

が、何が悪いのか? どうすればいいのか? の結論が見出せず。。。
こんな事があり検診を受けることに。

こんな風になる少し前から、朝でも夜でもお散歩に行く時(歩き出す時)の脱臼が
全くと言って良いほど無くなっていた!
以前は、歩き出す時には必ず脱臼し、歩く距離や負荷を調節することによって
徐々に脱臼しなくなり、帰ってくる頃には絶好調! でした。
最近では運動の仕方を制限すれば、脱臼せずに帰ってこれるようなこともしばしば。

なのに何故? 歩けなくなる? 歩かなくなる?


歩かなくなる時でも膝が熱くなっていたり、筋が張っていることもなかったので
検診を決めてからも色々と試してみました。

考え方としては2通り。
 本当に痛くて歩けない
 痛くないのに歩かない

上の場合であればどんな状況でも歩けない=歩かなくなる。
下の場合であれば特定の条件が揃った時に歩かなくなる。

 グレースには説明して協力をお願いしたけれど、きちんと伝わって無いために
 かなりの我慢をしてもらいました!(爆)<継続中〜

ハルが歩かなくなる要因を特定するためにとった作戦は3つ
 お散歩を極端に短くする
 フェッチを止めてただただフリーで走らせる
 自由運動を無くしてオンリードでひたすら歩く

結論は
 どんなお散歩でも帰り道になると歩かなくなる。
でした!


帰りたくない一心で駄々をこねていた!
このような結論に達しました!(苦笑)



今までにない頭脳的なハルの作戦なのですが、万が一があっては困ります。
こちらの考え違いと言うことも十分考えられるので、主治医の見解を頂戴することに。



結果は
 右膝は左膝よりも良い状態をキープしさらに良くなっている
 左膝の脱臼も外れはするがかなり外れにくくなってきている
  グレード3に近い2だったのが、1に近い2になっています!(涙)
 両足とも使えているが、左足が少し苦手な様子がうかがえる
 左膝の関節包に若干の腫れが認められる
 股関節は全く問題のないレベルまで落ち着いている
 肩や肘に大きな障害はなく問題はない
 背骨にはヘルニア様のトラブルはなくとても良い状態

1つを除いてはととが感じている状態と違いはありませんでした。
今回問題視しているのは「関節包の腫れ」です。
初耳だったので詳しく聞き、理解の足りないところは調べた!


横から背骨
b0132390_10362316.jpg

何の問題の無し! 胃のあたりに見える白い物は朝食べた骨!(笑)


股関節
b0132390_10363055.jpg

昨年11月の頃と関節に差は見られないが、大腿部の筋肉量が凄い!
こんなにもしっかりと筋肉が増えている!


右膝(2008.11)
b0132390_10363681.jpg

昨年の検診時のレントゲン。この時点でも膝蓋骨の収まり方や筋肉量に感動!

右膝(2009.04)
b0132390_10381289.jpg

少し角度が違うので完全な比較は出来ませんが、太ももが太い!
お尻側の筋肉も左右がくっつきそうな勢いで発達中!(嬉)
上がり気味だった膝蓋骨の位置も少し下がり良い感じ!


問題の左膝
b0132390_10381978.jpg

右足に比べて若干細い感じ。
状態も強さも右膝に抜かれてしまいました〜

少し気になるのは「膝蓋骨の向き」。下側が少し持ち上がっているように見える。
関節包が腫れることによって持ち上がってしまっているか?
周囲の靱帯を痛め弛緩しているのか?
でも、前述の通り脱臼はかなりしにくくなってきているので、
前者の可能性が高いだろうとのこと。

 



関節は、関節面、関節体、関節包および関節体の間にある関節腔(隙間)で構成される。
膝関節の構造になるのですが、大腿骨(太もも)と脛骨(すね)が合わさるところが
膝関節であり、膝関節の中には上下二つの骨が直接ぶつからないように半月板がある。
球状の物が合わさっているので骨が動く部分に空間が出来てしまうが、
この空間を埋めているのが関節包。
外側は非常に強い繊維で出来ていて、内側からは関節の潤滑液となるヌルヌルとした
液体(滑液)を内側から出して軟骨の摩擦を軽減する役割をしている。
関節包は緊張や弛緩することが出来るので、関節の動揺が大きい場合や運動量が多く
関節への負担が大きい時などはは発達する。
関節包が発達することによって関節の動揺を抑えようとする働き。
膝蓋骨が関節包の上を動くのではなく、関節包と膝蓋骨の間には滑膜に被われた
膝蓋下脂肪体がその間を埋めている。

ハルの場合、左右の膝に動揺があり右膝は手術によってこれを克服。
左膝は外科処置をしていないので、この動揺を筋力で抑えている状態。
これによって発達してしまった関節包に何らかのトラブルがあったのではないか?
言われてみれば、若干膝の内側が腫れていると感じられるのが関節包とのこと。
 膝関節に対して平行とか垂直ではなく、後ろから前へ斜め下に向かっている腫れ
 関節に沿っているので注意しないとわかりにくいです。
外方脱臼なので外側の関節包が腫れていれば脱臼による物だろう事は容易に分かるが、
内側が腫れていると言うことは、関節に無理な力がかかってしまったと考えられる。
捻挫のような物だと解釈しています。

こんな事から、投薬などの治療は行わず引き続き保存療法で様子を見ることに。
一時期増えていた体重も、25.7kgまで下がっているのでもう少し落とす予定。
25kg以下の方が調子が良いように思えます。


結果としては大事にはならず、ハルの駄々っ子ぶりを露呈してしまいました!
が、膝蓋骨ばかりに目がいってしまい、関節包の腫れのような小さな変化に気付かなかった。
筋が腫れてくれば、一部分だけでなく線状に腫れが見られるのですぐに分かる。
が、一部分だけが何となく腫れている状態はなかなか分かりにくいものです。

ととの経験値がまた上がりました!!!(爆)



駄々っ子ハルになる前の違いと言えば、サプリメントを変えたこと。
切り替えるにあたり、1週間ほど間が開いていたと思う。
アースリスージゴールドを与えていたのですが、コンドロイチンはほとんど吸収されず
排出してしまうらしい記事を読んだのが原因!
予防ではなく悪いのだから、必要な成分を重点的に与える方が良いのではないか?
病院で処方される薬の方がサプリよりも劣っているのか?

とまぁ、こんな考え方からです。

でもね、サプリの空白期間中に脱臼がかなり収まったのが驚き!(真)

サプリについては次回以降〜(笑)
[PR]

by toto_caca | 2009-04-14 02:37 | フラットコーテッドレトリバー

術後経過 339日目('09 04/12)

今週に入って少々気になる動きをハルがしていたので、
念には念を入れての検診。

もうすぐ1年検診だったので、これまで待つか行くかで迷ったのですが、
自分で自信のある判断が出来ない時は検診を受けるに限ります!

病院に行く前にも当然お散歩!
歩様の確認と、先生に聞くことを頭の中で整理しながらポテポテ歩きます。


今日も暑いっす〜
b0132390_2395017.jpg

病院へ出かける前のお散歩中に久々に揃ってお座り!
奴らの目線の先には犬ではなく、ボール遊びをしている親子が!!!(爆)


今日もお祭り騒ぎ
b0132390_2313323.jpg

ととが大好きな「あげぱん」屋さん!(爆)
お散歩する公園に大きなイベントがあると必ず登場してくれます!
今回はお花見で2週続けてなのですが来週はこないと。。。
悲しいです!(馬)


そうですよね!
b0132390_23171232.jpg

ドッグランに水道がないなんて! って思っていたら出来ていました!
未だ使えませんが、ちゃんと端っこの方にできあがっていました〜
直接飲ませないためでしょうか?蛇口の位置が結構高いです。
大型犬では届いてしまう位置なので多分直接飲ませる人もいるだろうし、
容器に汲むにしては中途半端な高さで汲みにくいなぁ。と。
でも、在ると無いとでは大違いなので大歓迎ですね!



で、ハルの検診結果ですが、あまり楽観視は出来ない状態。。。
現時点では悲観的になるほどでもなく、深刻なものでもないのですが。
やはり手術した右膝の方が遙かに調子が良く、1年以上も悪かった右膝をかばってきた
左膝がその負担からか弱って(傷んで)きている感じ。

レントゲン写真等の詳細は明日アップしますが、膝蓋骨の下側が少し浮いてきていました。
これは、膝蓋靱帯かこの周囲の靱帯に多少なりとも傷害があり、緩んでいるのではないか。
膝の内側に若干の腫れが確認された。
(徐々に腫れてきているらしく最近は気になっていたが、ととは腫れと断定できず)
この腫れは間接包による物だろうとの結論。
関節には直接骨があたらないように関節液の入った袋状の物が関節の接合部分に在ります。
これが間接包で、膝の場合は膝蓋骨の内側(関節側)にあります。
ハルのように関節の緩い子の場合、この間接包が発達(大きく)して関節自体の動揺を
軽減していくらしいです。
通常以上の力が関節にかかった時(捻挫みたいな感じ)、この間接包が痛んだのではないか?
それによって腫れが起こり違和感を感じている状態だろう。

脱臼によって傷つけたのであれば、外側が腫れて然るべきなのですが腫れているのは
内側なので、脱臼以外の要因であると推測されます。

ただ、投薬や治療を要するほどのものではなく運動制限やマッサージで様子を見ることに。
家に戻ってからはMSMジェルでマッサージしました。
相変わらず嫌がる様子もなく、いつも通りご飯を食べて寝てます!

ここ最近はあまりの調子良さに気を許してしまい、マッサージをしていませんでした。
元々障害を持っている訳なので、絶えず緊張していかないとダメなんですね〜

少し反省した次第です!
[PR]

by toto_caca | 2009-04-12 23:47 | フラットコーテッドレトリバー