お試し中〜

ハル&グレースの怪我が良くなってくると、
同じように怪我をさせないためにも遊び方を考えたり、
怪我しやすい関節のケアを始めないといかんなぁ〜と。

ハルも5歳になったし、グレースは年末で6歳。
まだまだだけど、「もうそろそろ」でもあるお年頃!

以前は散々悩んで色々試したのですが、結果的にはパッとせず。
犬用として売られている物の成分は、それぞれ特徴はあっても
なぜか反作用を起こすような物が一緒に入っていたり、疑問は消えず!
しかも!べらぼうに高い!!!

で、お試ししているのは人用のサプリメント。
含まれる成分では、余計なビタミンや塩分が少ない物を厳選!
与える量をコントロールしやすいように、人間用で4錠/日のように
1錠アタリの成分量が少ない物。

人間の薬を作る時に、散々動物で実験してから作ってるわけで、
量さえ間違えなければワンズにフィードバックしてもおかしくはない。はず。

 もちろん、自分が飲んでみて調子が良くなる?悪くならない?
 物をきちんと選んでおります!

現在与えているのは、グルコサミン&コンドロイチン。
今はこれだけ。
フィラリアの検診ついでに確認した血液検査の数値も今のところグッド。

これにMSMが追加されて関節&筋肉の疲れを和らげる。
緑イガイの代わりにコエンザイムQ10+オメガ3で心肺機能の強化と鎮痛。
いつも食べている鶏の煮こごりでゼラチン質を。

どれもこれも劇的に効く物ではなく、効能も眉唾な物もあるけど!!!
何もしないより良い。程度だと自分に言い聞かせ!

サプリってそんなモンですよね???



あ、サプリは国内産ではなく米国産を愛用しています!
円高も手伝い、メチャクチャ安くて良い感じ〜


あ、金環日食キレイでしたね〜
感動しました!
b0132390_19132940.jpg

[PR]

by toto_caca | 2012-05-21 19:14 | 生食&サプリメント

ダチョウのお肉!

日々グッタリしているととです〜

ここ最近はまともにお散歩にも行けず。。。
かかが軽く外に連れて行ってくれたり、家中を縦横無尽に駆け回ってます!

階段も廊下も部屋も、みんなの毛と爪痕だらけ!(苦笑)

頼むから家を壊さないでくれ〜(爆)



で、ワンズのご飯ネタ。

我が家では先発ローテーション入りしているダチョウ肉!
ペット用とかではなく人が食べられるグレードの物!
b0132390_18352739.jpg

これ全部で1.3kg位なので、3っつのほぼ1食分!(馬)

手前の立派な赤身は、もも肉!
きれいでしょ〜このままお刺身で僕たちも食べられるグレード!
獣っぽい血なまぐささは一切無し!
解凍して袋から出した、ほぼそのままの画像です!

さっと表面を焼いて、お塩+ゆず皮おろし や ゆず胡椒 とか ポン酢などのお醤油系で
さっぱり食べるのが合うと思います。

お肉の味が驚くほど淡泊なので、濃い味付けだともったいない!
塩と青臭いオリーブオイルだけなんてのも美味いんだ〜
きめが細かいのか? ねっとりとした食感も抜群です!



アドルフも生のお肉がメインです!
b0132390_18401665.jpg


左上の白っぽいのは砂肝!
ミディアムレアぐらいに焼けば、クリクリとした不思議な食感!
ただし、提供していただける量が少ないので僕たちの口にはなかなか入りません!(爆)

右上の何となく見たことがあるような物は、心臓!
僕たちが食べる時は血抜きをしますが、あまり神経質にならなくても大丈夫なくらい
新鮮でメチャクチャ美味いです!
くにくにプリプリとした歯触りは、生でも焼いても抜群〜〜〜
ヤキトリみたいに、塩だけだったりタレを使ってもウマウマ〜〜〜

ステーキにしてわさび醤油なんてかなりおつですよ!


マジメに美味しいダチョウのお肉!
人間が食べても健康にも良いしメチャウマなので、お勧めです。


で、我が家は色んなお肉を混ぜて食べさせています。
本には単一の肉で内臓を与えるタイミング云々とか、色々な情報がありますが、
あまり細かいことは気にせずメチャクチャ適当〜!

理由はきちんとあるんですけどね!


ダチョウの肉がメインでも、鳥を骨ごと圧力鍋で煮た煮こごりや
ビーフだったり馬の内臓だったりを混ぜちゃいます。

何故かというと、お肉が代わった瞬間にみんなお腹が緩くなる!
消化は鳥が一番良いような感じで、次がダチョウ、ラムと馬は同じ感じ。
圧力鍋で煮ちゃうと、鳥も魚もあまり変化無し。

ドライフードみたいに徐々に数日かけて肉を変えれば良いのかもしれませんが、
約3kg/day消費する肉を徐々に切り替えようとすれば、、、
1食で1割ずつ混ぜたとすれば、10食で5日間!
1種類の肉を食べているのは2日/週になってしまう〜〜〜
鳥は生だけどその他は冷凍になると、、、
なかなか思うようには切り替わりません〜

そんなことから、アレルギーを防ぐ意味合いも含めて混ぜこぜです!(笑)


牛はアレルギーを起こしやすいとか色々ありますが、まったく問題なし。

精神的?季節的?に起こす突発的なピ〜はあっても、これが数回続くこともありません!
朝はダメでも夜は大丈夫みたいな感じ!

なにより、毛艶も良いし体臭もさらに減った感じ。

人間と同じで匂いのきつい物ばかり食べさせていると、口臭がきつくなったり
していたのですがこれも緩和されました。
馬の内臓、、、こいつの匂いがかなりきついんです!
1食での量が少し多めだと結構気になります。でも、100gちょい位かな?

こんな感じで内臓関係も同じようにてきとうに与えてます〜



あ、最近のヒットは カンガルー肉!
人は食べられないけれど、冷蔵保存が可能なパッケージなのでかなり重宝!
この時期は寒いので、暖房を使わない部屋に放置していますが今のところ問題なし!
夏場の冷蔵庫並みに寒い部屋なんですよ!(謎)

しかも、カンガルーはメチャクチャ安い!

900円/kgは助かっちゃいます〜
アレルギーのない肉だそうですからシニア犬やパピーにも安心してあげられそう。

消化の具合は、ラムや馬と比べるとダチョウに近いです。
ドリップ(血)も多めですが食べさせても大丈夫です。
ベニソン(蝦夷鹿)、ソバージュのジビエでしたがこれはきつかった!
人も犬もユルユルぴ〜でした!(爆)



ついでにみんなはどうなのか?
 
犬って咀嚼する動物ですか?
我が家できちんと咀嚼するのはアドルフだけです。
きっと誰かに横取りされるという恐怖経験がないからだと、勝手に解釈!

のんびり自分のペースで食べる様は「王子」って呼びたくなります!(自爆)

ハルグレはどんな硬い骨や大きな肉の塊を与えても、ほぼ咀嚼せずに ゴックン!
で、食道やのどに傷を作りプチ流血!

飲み込むまでにそれなりには咀嚼したとしても、本当にそれなり!

ガリっガリッ、、、ゲッ、カァッ、、、ガリッゴックン。みたいな!

それが証拠に、骨は圧力鍋で煮たもの限定にしても歯石の付き方が一緒!(爆)
なので、歯磨きガムやおやつは「まじない」だと信じて疑いません!(苦笑)

煮ると骨まで完璧に消化しているし、内臓への負担も少なそうなので
こちらもお勧めです!
最近はニンジンや生姜を一緒に煮てます。

これがまた旨いんだ!(爆)






いつも思うんですけど、、、
100%オーガニックで完璧な衛生管理の元で生産

こう書いてあっても人間は食べちゃダメって!
結局何かがダメなんじゃないの?って勘ぐってしまう。

初期品検査にかかる費用だの色んな大人の事情があって表記ができないだけかも?
検査したら薬品の一つや二つが検出されるのかしら?

安心な食事を!って生食にしてるのに疑問と疑念ばかりが残り。。。


ととは、もちろん焼きますが! ワンズが食べる肉は殆ど食べてます!
馬の内臓は何度も書きますが臭いです!
しばらく口の中が獣臭くて、、、くさやで消臭!?(爆)
[PR]

by toto_caca | 2010-12-22 19:44 | 生食&サプリメント

ADOLF and KOTO meets TUNA!

タイトルの通り、アドとことは初めて見る大きめの魚!

b0132390_15203724.jpg

ことは少し驚いた感じですが、アドはいきなりペロペロ!


 日曜日にキハダマグロ狙いで海に出るもこちらは釣れず。。。
 食べ頃だけど、本ガツオ2本という寂しい釣果。。。

 釣ったその日のカツオを口にできるのは漁師か釣り人のみ!
 クーラーの中の氷を見てもわかるように、血抜きも完璧!
 血合いが抜群に旨いんだな〜〜〜



 初日は青魚特有の少し酸味のあるプリプリした身。
 2日目から軟らかさと甘さが旨い!
 血抜きが完璧だと3日目でも臭みは出ず、ねっとりとした身に変貌!
 ここまでが生で食べられる美味しい期間ではないでしょうか?




b0132390_15212979.jpg


血生臭いからなのか、カツオの口をかじり出す始末!(爆)

b0132390_1523938.jpg



やはり血が美味しいのでしょうか???

b0132390_15234087.jpg



血生臭いとは書きましたが、臭くはありません!(苦笑)
このくらいのサイズになると心臓がウズラの卵より一回り以上大きいので
網で焼いて頂くのですが、これがまた美味!

久しぶりの釣行でマダイやメダイが食べたくなりました〜〜〜



で、最近の我が家のブーム!
b0132390_15264849.jpg

これはまな板なのですが、青森ひばにはまってます!

食べたりはできないので悪しからず!(爆)

詳しくは 産地直送!青森ひば油 こちらで!

玄関の消臭や虫除けには「ひば水」。
お散歩時の虫除けには「ひば水+ひば油」。

虫除け効果は半端じゃないです! 
水だけだと汗で流れちゃうので消臭メイン。
ひば水に油を混ぜてスプレーすると、流れ落ちないし抜群です!

我が家で一番肌の弱い とと が試して肌荒れの心配がないことを確認してから
ハルグレ&アドにもシュッシュッしてます!
香りも檜みたいで気持ちいいし、とことん虫は寄ってきません。
夏の深夜は、ゴッキーが徘徊してますが玄関廻りに軽く撒いておくだけで
確実に避けて歩いてますよ!

まぁ、見つけたら踏みつぶしますが!!!

ひば油はブヨも寄りつかないと言う書き込みもどこかにあったり。


科学的な消臭剤も素晴らしいのですが、食品添加物にもなるひば水は
とにかく安心できるという点と、シュッとした後の香りが素敵!

車のフロアカーペットやシートにも効果抜群ですよ!
[PR]

by toto_caca | 2010-10-27 15:48 | 生食&サプリメント

最近のハルグレご飯

生食は継続中なのですが、少し前にグレースのお腹の調子が悪くなり
色々と悩みながら変えています。

お肉が代わってすぐは緩めになるのですが、ず〜っと調子が良かったので
継続しようと思っていた矢先にピ〜になってました。
内臓疾患ではなく、食あたりとの結果でした。


b0132390_14432418.jpg

         でへぇ〜って感じでしょうか?


なので、この後から量や内容を変えていました。
メインのお肉は鶏。
部位はまんべんなく、1羽食べているように与えています。
内臓関係はたまに砂肝とハツ。気が向いたらレバー。
お肉の量は、350g/回。1日2回なので700g/日。
皮を取らない状態なので、カロリー自体はかなり高め!
馬やラムの場合は350g+内臓関係。

野菜もその時期のモノを適当に、フードプロセッサーで粉々ドロドロに!
大根やカブ、青梗菜や小松菜、色んなキノコ類、山芋やオクラ、ズッキーニやゴーヤ!
これプラス自家製ケフィアと納豆。ゆで卵や目玉焼きをたまに。

野菜が多いとグレースはお腹が緩くなるので、ハルの半分くらい。
足りない分は茹でたジャガイモやお豆腐で補う感じ。
ミネラル関係はハーブで!
 穀類が多い方がグレースには良いみたいです。
お腹も緩くならないし、満腹感もあるので大満足の様子!


b0132390_14473469.jpg

         おれ、ハル!


ハルはお肉が300g弱で、鶏は皮を取っています。
大きくはなっているものの、体重が増える傾向だったので調整中。
ハルをダッコした感じでは、25kg弱に落ちているはずです!(爆)


ところが、ここまでカロリーを増やしても全く太らないグレース!
運動量が多く消化しきっているのか?
グレースも25kgくらいになっている感じです〜少し減った。。。
b0132390_14485375.jpg

         ベロの上に泡が!


夜の散歩ではグレースの並足キープで20分。2kmちょっと。
 この時ハルは小走り状態!
フェッチは片道60m位を10〜20本、全力疾走で40分くらいかな?
ととの肩が痛くなるまでorグレースのやる気が失せるまで!
この後は水を飲んで、20分程度地面で横になって休みます〜
当然家に帰ってきてもすぐに横になって、食事まで寝てます!

 ハルは全部には付き合わせません。
 多分、どこかが又壊れてしまうから〜〜〜(苦笑)

ハルがいじけないように!
「マテ」の状態でボールを投げて「ヨシ」でスタートさせたり、
離ればなれに座って待たせて、交互にスタートさせたり。
疲れてきたらゲームっぽいこともやっています。


朝の散歩はのんびり〜だらり〜と歩きがメインで、たまにフリーラン!
時間も距離も大したことはなく、走らせる時間は10分程度。
でも、短くても全力疾走できるようには走らせています。

運動量が多すぎるのか? カロリーが少ないのか?
それともこれがグレースのベストなのか???


b0132390_15305873.jpg

         おれはもっと食べたいです!



これが正解!
ってのが無いので、手探りで色々試しながらやっていくしかない?

誰か正解を教えて!(苦笑)
[PR]

by toto_caca | 2009-06-04 16:11 | 生食&サプリメント

関節サプリ 〜ハルの場合〜

 特定の商品名を記載しますが批判や否定、さらには宣伝ではなく
 あくまでもハルに使用してどうだったか?何が違ったのか?という結果論&感想と、
 今まで仕入れてきた知識を鑑みて とと がどう思ったかという感想文として、
 同様の疾患に悩む方々の考え方の指針になればと思います。
 1種類を永続的に使い続けるのではなく、その時の症状に合わせた選択が出来れば。
 遠回りや先入観にとらわれずに、常にベストな選択と治療をして欲しいという願いからです。


ハルに与えているサプリメントですが、昨年の同じ時期を考えると
かなり選ぶ方向性が変わってきています。

昨年の今頃は膝下の靱帯が断裂していたこともあり、もっとも重要視したのが
痛みの軽減と症状の進行をどうにか抑えること。

痛みの軽減は、MSMや緑イ貝で若干ですが緩和されていたように思えます。
が、症状の進行はサプリメントや投薬ではどうにもならず。。。
冷静に考えれば、薬で滑車溝が深くなるはずもなく、切れた靱帯がつながるわけもない!
こんなことは当たり前すぎるけれど、藁をもつかむ気持ちだったのでしょう!(苦笑)

膝蓋骨脱臼(グレード2以上)は手術以外での完治はあり得ないと思います。


で、手術をしてからは考え方が変わります!

構造的な不具合は手術によって無くなったが、犬種固有のウィークポイントというか
術後に起こりうるトラブルを如何に回避するか。

まずは手術した膝関節が元の状態に戻ること。
関節が元の状態に戻るというのは、少し前に腫れていた関節包や関節液、
膝蓋下脂肪体が手術により取り除かれたりしているので、元に戻るには自然治癒を
待たねばならず、相応の時間が当然かかってしまう。


つなぎ治している靱帯が希望通りに癒着してくれること。
膝下にインプラントで切れていた靱帯を固定しているので
インプラントが抜けずに先生の思惑通りに癒着してくれないと、、、再手術!


手術していない左膝と右前足の負担を軽くすること。(状態を良くする)
難しいのが右後ろ足以外にかかる負担を軽くすること。。。
あっという間に立ち上がり、右後ろ足を地面に付くのですが当然負重はかけておらず。
と言うことは3本足で立っており、自ずと右前足と左後ろ足に体重がかかる。
全ての関節に通常以上の荷重がかかるわけで、関節の保護が必要だろう。




こんな事から選んでいたのが、アースリスージゴールド(ATG)。
これ以外にも、ヒルトンハーブのMobility Support やアップルサイダービネガー、
MSM+ジェル等々、自然由来のものも取り入れていました。

まぁ、とにかく関節に良いとされるものはほぼ試した感じです!(苦笑)

ただ、先日書いたように含まれている成分はどれも大差なく含有量が多いか少ないか。
効能自体も、あれもこれもになってしまっていてどれも効果には大差なかったです。
というか、ハルには何かが間違っているような感覚さえ。。。

でも、最近になってサプリメントを与えない日があり、この間に調子が良くなると言う
どうにも腑に落ちない期待とは裏腹な結果が。。。


で、真剣に考察を始めたわけです!


一番頼りに?していて、効果を期待していたMSMですが、抗炎症作用は抜群でした。
水溶性であり、皮下吸収も良いらしいのでジェルはピンポイントで使えて抜群!
術後関節が落ち着きだして積極的に足を使わせる時には、痛みの記憶を消してあげることも
きちんと足を使わせるためには重要らしいので、夏になる頃にはベストな選択だったと思います。

丁度、グレースが我が家に来た頃ですね〜

が、この直後に突然右足を付けなくなり緊急入院!
ここからが本当のリハビリの始まりでした!

サプリメントはアテにならないとは思いつつも、やめる勇気が無く。。。
また痛くなったらどうしよう?
歩けなくなったらどうしよう?
ここから現在の結論に達するまで、ずいぶんと時間がかかってしまいました!


2ヶ月くらい前の推測です
MSMの抗炎症作用による痛みの軽減と、筋肉の弛緩作用は
ハルの膝に悪影響を及ぼしているのではないだろうか?

痛みが軽減されるので、元々我慢強いフラットの「痛い」と言う信号を見逃しているのでは?
左膝の調子にムラが出てきているのは、膝蓋骨のはまり方よりも筋肉の緊張具合ではないだろうか?

昨年末にも一度、ATGを指定の半分量以下に減らしていた時期があるのですが、
この頃の検診では「左膝も心配なし」との診断結果でした。

で、運動量を増やして行くに従い脱臼の仕方に変化が見られ、、、悪くなっていったので、、、
ATGを今まで通りに増やして与えた経緯があります。


で、これを書こうと思ったあたりから「推測」が「確信」に変わります!
ATGをやめて10日程度のサプリ空白期間に、左膝の調子がドンドン良くなってくる!
触った感じも靱帯が力強く感じ、太もも全体が張っている感じがする。
切り替えて1ヶ月程度ですが、足の太さも強さも右足同等に!!!

その代わりというか、、、右の前足内側にコリコリと張っている腱が。。。
足が外側に開いてしまうのを押さえ込む腱だと思われます。
多分、この辺の痛みや張りまでATGの効果で抑えていたのだと思います。
散歩の帰り道に歩かなくなるのも、右前足が原因だったようです。

原因がわかれば対処方法を考えれば済むので、右前足はMSM+ジェルでマッサージ!
脇の下?の奥の方から肘の先あたりまでをお散歩後にマッサージ。
たまに、左の前足や肩の辺りまでジェルマッサージ。

かなり改善されました!(嬉)

左膝の脱臼も、膝蓋骨を戻す時の抵抗感?(パキッと入る感じ)が無かったものが
コキッと音を立てて入るようになってきた!!!
やはり、MSMによる筋肉の弛緩作用が悪影響を及ぼしていたのだと思います!


現在のハルサプリ&ハーブはこんな感じ!
サプリを与える目的として考えているのは2つ。
  滑車溝周辺軟骨の形成補助
  手術した右膝関節の再形成補助

前述のハーブ類は継続しています。メーカーは一つに絞っています。
ヒルトンハーブ
 シーウィード&ローズヒップ(朝晩)
 モビリティサポート(朝)
 トップコートサポート(晩)
 ガーリックオイルパール(朝晩)
 アップルサイダービネガー(朝晩&シャンプー後!)
 トランキリティサポート(朝晩?=与えたり与えなかったり!)
 CDRMソリューション(朝晩)
 MSM+ジェル(マッサージ用)
 ガストリエックス(ピ〜になった時用! 効きます!)

ハルはかなりふけっぽく皮膚が弱かったのですが、コールタール ニーム&ティーツリーシャンプーと
トップコートサポートで全く問題なくなりました〜



で、サプリメント。
 リプロフレックス
 プロモーション700
 コンドロフレックス525

この3種類に切り替えました。

リプロフレックス
 緑イ貝抽出成分 400mg
 グルコサミン硫酸塩 175mg
 メチスルホニルメタン(MSM) 100mg
 マンガン塩 10mg
 アスコルビン酸 18mg
季節の変わり目や、調子が悪くなりそうな時に最長1ヶ月程度与えます。
継続的には与えていません。

プロモーション700
 塩酸グルコサミン 700mg
 ペプチドコラーゲン 400mg
 バイオフラバノール 25mg
 ビタミンC 25mg
 システイン 25mg
 マンガン 10mg
 亜鉛 2mg
これは継続的に与えようと思っています。
軟骨の再形成に必要なものは何だろう? と考えた時に出てきたキーワードが
グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン。
しばらくは必要になるであろう成分が多く含まれているので、採用!

コンドロフレックス525
 コンドロイチン硫酸 525mg
 キトサン 525mg
 エピガロカテキンガレート 52mg
 不活化酵母(セレンとして) 45μg
コンドロイチンに関しては吸収が悪く疑問符がどうしても取れないのですが。。。
キトサンが体内でグルコサミンに変わり、コンドロイチンを守る働きや吸収をも
助けると言うことらしいので、1クール1ヶ月を年3回程度やってみるつもり。

3種類を全て同時には与えず、
プロモーション700(朝)&リプロフレックス(晩)
プロモーション700(朝)&コンドロフレックス(晩)
こんな感じで与えていますが、もう少ししたらプロモーション700のみ。



左膝には良い方向への差が出てきているので、選択は間違ってはいないと思います。
何故?これらの成分が良いとされているか?
主に関節に多く含まれている成分だから。みたいです!
関節の生成過程や、何を多く必要としているのかは、臨床や研究で解明されているであろうし、
積極的にその成分を摂取するとで、再形成を助けることは何となく理解できる。

自分の中で、こんな結論に達した結果が、これです!



一つ感じたのは、サプリで症状が改善されることもあると思うのですが、特に関節系で
痛みを伴うものの場合、痛みが無くなっただけで「治った」と勘違いすることは、
非常に危険な判断だと思います。

根本原因は改善されておらず、うわべの痛みが無くなったと言うだけで安心してしまうと、
次に現れる症状はさらに酷く、関節炎などを起こした場合完治は無くなってしまいます。
関節炎は改善はされても不可逆性のものなので完治はあり得ません。

膝蓋骨脱臼の場合、幼年期の膝蓋靱帯が緩い状況や滑車溝自体が浅く年とともに
形成される場合などは、放って置いても「治る」のではなく正常な状態になる。
なので、この判断をするためにもサプリは勧められません。



素人考え満載です。
これをご覧になった識者の方で間違いに気付かれましたら、ご指摘いただけると非常に助かります。


さて、皆さんのところではいかがでしょうか???

ふぅ〜(疲)

※追記
[PR]

by toto_caca | 2009-05-04 17:22 | 生食&サプリメント

関節のサプリメント考察  成分について

始めに、特定の商品名を記載しますが批判や否定、さらには宣伝ではなく
あくまでもハルに使用してどうだったか?何が違ったのか?という結果論&感想と、
今まで仕入れてきた知識を鑑みて とと がどう思ったかという感想文として、
同様の疾患に悩む方々の考え方の指針になればと思います。
1種類を永続的に使い続けるのではなく、その時の症状に合わせた選択が出来れば。
遠回りや先入観にとらわれずに、常にベストな選択と治療をして欲しいという願いからです。


まず、膝蓋骨脱臼が深刻な物であるという認識をきちんと持ち始めて以来、
ググったり経験者の方に聞いたりしているうちに、関節に良いとされる
成分について、段々というかあっと言う間にたどり着きました。

3種の神器+1でした。
グルコサミン・コンドロイチン・MSM+緑イ貝 
関節炎とか膝蓋骨脱臼とか股関節形成不全とかの、暗いキーワードでググれば
間違いなくヒットして出てくるサプリメントに含まれる成分達です。

さらに関節の形成に必要だと言われている、コラーゲンや活性酸素から細胞を守る
ビタミンC等々、積極的に摂取した方が良いであろう成分がありました。


これらの成分を満たし、かつ実績や口コミ情報の多い物が安心だろう事から選択する
もっとも有名なサプリメントと言えば、アースリスージゴールド。
ハルも昨年春からずっと服用してきました。
右膝の手術前くらいからです。

夏過ぎからは、夏に突然手術した右足の調子が悪くなり緊急再入院をすることもあり、
マッサージや日々の炎症や疲れを、その日のうちに解消しなければ、という考え方が
次第に大きくなってきました。
この頃始めたのが、MSM+ジェルでのマッサージ。
当時のブログにも書いてあるのですが、もの凄い効果があり使うのを躊躇ったことが数回。
軽い炎症を起こし熱を帯びた関節が、次の散歩までに完全に良くなっている!
その効果に喜ぶも、あまりの効果の大きさに少々怖さを感じ使用頻度を減らしました。
本当に辛そうな時だけに限定しての使用に切り替えました。


ところが、最近になってようやく変化が出始めた右膝と左膝の調子の違い。
ドンドン良くなっていく右膝に対し、徐々にだが改善が見られるものの右膝との差が
大きくなる左膝のコンディションについてです。

なぜ?関節炎や関節の再形成に有効と言われるサプリを継続投与しているのに
思ったほどの改善が見られないのか?
なぜ?悪い方の膝への影響よりも良い方の膝への影響の方が大きいのか?
投与を完全に止めた場合、悪くなるのか?変わらないのか?良くなるのか?
大型犬で、先天的な疾患に対しての記述がほとんど無かったので試してみることに。
サプリメント=栄養補助食品であろう事から、使い切ったところから思い切って
10日間投与を止めてみることにしました。

結果は、左膝の脱臼の症状が減り靱帯や腱、筋肉が右膝の様子に近づいた。

関節に良いとされる成分が無くなっているのに何調子が良くなたのか?
こんな疑問から使われている成分について色々調べました。

まずはグルコサミン。
 関節軟骨の形成を助け、これを破壊する酵素を阻害し関節軟骨を保護する役割。
 コンドロイチンを同時に摂取した方が、相乗効果が期待できるらしい。
 経験上良いとされているだけであり、臨床的に実証されているわけではない。

コンドロイチン。
 元来、体中の結合組織(軟骨や腱、皮膚等)の多く含まれ弾力を保つ役割がある。
 また、血管のない関節に養分を送り届けたりする役割もある。
 グルコサミン同様に軟骨の破壊酵素の抑制やコラーゲンの生成促進が在るため、
 グルコサミンと同時に摂取することは効果的らしい。
 こちらは腸ではほとんど吸収されずに体外へ出てしまうので、食事での効果に
 否定的な意見も少なくないらしい。

MSM
 MSM(メチル・サルフォニル・メタン=硫黄)は天然食材に含まれ、生き物の体を形成する
 11元素中6〜7番目に多い元素。
 関節障害(変形性関節炎・リウマチ・筋肉痛・腰痛等々)による炎症を効果的に抑える。
 人に使っている場合は即効性があるため、プロスポーツ選手などが重宝しているらしい。
 グルコサミンやコンドロイチンのように関節液や軟骨の造成に直接関わるのではなく、
 細胞の再生(特にコラーゲンを含むもの)に必要不可欠なものである。
 低分子であるため経皮吸収や細胞膜への浸透性が良く即効性がある。
 抗炎症作用の他には回虫駆除やホルモンバランスの適正化等の効果があるらしいのだが、
 筋肉の痙攣を抑制し、弛緩させる作用があるらしい。。。

緑イ貝
 非常に優れた抗炎症作用があり、グルコサミンやオメガ3系脂肪酸を多く含む。
 抗炎症作用はオメガ3系脂肪酸によるもので、副作用も極めて少なく安全。
 また、オメガ6系脂肪酸から炎症を引き起こす物質が出来るのを阻害する働きがある。
 オメガ3系脂肪酸には、血液が凝固しにくくなる物質が多く作られ、血栓ができにくくなる。
 オメガ6系脂肪酸はこれとは逆に血液が凝固しやすく、血栓ができやすくなる。
 両方とも必要なものだとはわかるのですが、割合や必要量はまだまだ分かっていないようです。



こうやって考えると、関節系のサプリって、とにかく痛みを抑えることが優先されてる。
痛みが治まった状態や軽度の場合はどうすればいいのでしょうか?


MSMは痛みには有効でも、ハルのように靱帯のテンションが下がってしまうと
簡単に脱臼してしまう状態では、筋肉の弛緩作用があるので止めた方が良い。
もしくは、分量が少ないものを選ぶしかない。


こんな結論に達しました!


現在ハルに与えているサプリに関しては、次回記載します。
[PR]

by toto_caca | 2009-04-27 01:04 | 生食&サプリメント

不定期アップのハル&グレースご飯!

今朝はとと作!

うまそ〜!
b0132390_11264143.jpg

お肉は野菜ペーストの下に隠れちゃってるけど、今日はラムです!
一番下にヨーグルトを入れて、その上にお肉。
お肉の上にはハーブやサプリメント。
一番上が野菜ペーストです!

生のままなのですが、キノコや繊維質の多い物は消化しにくいので
フードプロセッサーでペースト状にしています!

本日のお野菜は
山芋・株ナメコ・水菜・大根・納豆!

トッピングは目玉焼き〜で、上にかかっているのはドレッシング!
ではなく、お尻周りの神経系を正常にするハーブチンキ。
これにりんご酢。

いつもは亜麻仁油やごま油をかけるのですが、目玉焼きなのでオイルはなし。
あ、焼いてから水をかけて冷ますついでに余分な油も流しています!

ハーブチンキはさすがに薬草!
って感じですが、野菜ペーストにりんご酢の状態だと、自分で食べても美味しい!!!(爆)


ハルさん、膝の調子が上向いてきています!
リハビリ状況は後ほど〜〜〜


さて、仕事に行かねば!(苦笑)
[PR]

by toto_caca | 2009-04-18 11:33 | 生食&サプリメント

ハルとグレースのご飯 大公開!

いやいや、ハル&グレースご飯で定番の鶏です!

いつも頼んでいる友人から丸のままの鶏が送られてきます〜
出来るだけ素性の知れた、人間が食べても美味しい鶏。
と言う要求に応えてくれているのがこの鶏!
b0132390_0444464.jpg

なんと! 日向の地鶏です!!!
b0132390_0453844.jpg

比較対象として置いたボールは、直径約8cm〜
鶏自体は約3kgでハル&グレースが食べられるのは約2.5kg!!!

b0132390_048257.jpg

いつもこんな感じで、ととの背後?に張り付いています!!!(爆)

いやいや、この鶏はどんな風にしても美味しくて感謝です!(真)
ササミなんて人間が生のままで食べられるし、ワサビ醤油なんて???
っていうくらい味があり臭みが全くない!
ととなんて塩だけで解体しながら刺身を堪能しています〜

これをスーパーで売っているような状態に解体していきます〜〜〜
b0132390_0514427.jpg

胸とかササミ、手羽やもも肉はわかっても、左側の首とポンジリの下は
どこの部分だか解体してないとわからないような骨も出てきます!

が、ここら辺の部分は軟骨が多かったり骨に張り付いているような
肉が多いので人が食べてもめちゃ旨な部分!
いつもは解体途中での、ハル&グレースが味見をする部分!!!(爆)

で、我が家の特徴はもも肉の解体方法!
b0132390_0571267.jpg

スーパーで見かけるこの状態にして、、、
b0132390_0575624.jpg

こんな感じに骨まで切っていきます!
こっちの方がわかりやすいですね〜
b0132390_0583525.jpg

右から、肉と骨の部分に切り分けます。
もちろん骨もこのままバリバリ食べさせます!
真ん中の大きな固まりは、鶏のちょうど膝の部分です。
以前は関節で切り分けていたのですが、ちょうど膝にあたるので
膝蓋骨を中心に関節液や脂肪、周囲の靱帯もくっついています。

医食同源の考え方から、自分の悪い部分を積極的に良い状態で食べられれば
ハルも膝も良くなるはずだ!
ってことで、この部分はハルしか食べられません!

で、お味見タイム!!!(爆)
b0132390_152612.jpg

ごちそうを前にしても「よし」のコマンドを待ってととの目を見つめる2頭!
床に垂れたヨダレと真剣なまなざしがやる気を伺わせます!!!(爆)
b0132390_171174.jpg


これに、ヨーグルト・生野菜・多種多様なハーブ達がハル&グレースの
日々のお食事になります!
レバーは食べさせ過ぎると良くないと何かで読んだので、鶏肉の時は
肉&骨の他に心臓(ハツ)か砂肝を一緒に与えています。

食事終了後は、、、
b0132390_1173479.jpg

こんな光景もしばしば見られるようになり!

微笑ましくてとても嬉しいととであります!!!


人が食べられる部分って、、、
b0132390_2133927.jpg

ガラです!(苦笑)

ま、これで取ったスープもハル&グレースで残ったのが
色んな料理になって、「人」の口に入るんですが!!!(笑)

とにかく、栄養も素性も知れたものだけがハル&グレースの
口に入るって訳です!!!

これで具合が悪かったら、、、生食なんて続けません!!(爆)
[PR]

by toto_caca | 2008-12-21 02:14 | 生食&サプリメント

カロリー制限始めました!

かか のハルご飯がなかなかアップされないので!

ヨコヤリくんです!

完全生食を初めてもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。
ラムやマトンの骨付き肉や、すね肉、内臓類。
鳥の手羽や馬肉の赤身(筋多数)。
これらに葉物やスプラウト、大根やらトマトにキノコ!

でも、栄養が偏るのでハーブで補っています。
我が家では Hilton Herb がお気に入りで、シーウィード&ローズヒップや
関節に良さげな、サイダービネガーやら被毛の為に必須脂肪酸の麻の実オイル。

ところが、最初の2週間は順調に体重も落ちるし体調も抜群だったのが、
ここにきて体重が減るどころか増える始末。。。

何故だろう? よ〜く考えて調べてみると、、、
食事の量ではなくカロリーオーバーだったんです。

b0132390_15161390.jpg

    テキストでは表が上手く作れなかったので、、、
        マックで作ると、何故か文字位置が狂います〜〜〜〜

カンガルー、馬・鹿は、マトンやラム、鶏の半分しかカロリーがない!
まぁ、脂身はほとんど付いていないので半分とまではいかないにしても
4割は量を減らさずにカロリーだけを減らせるってことです。

こうなったら真剣に調べよう!
ってことで、調べました。
野菜も結構カロリーがあるんですね〜驚きです!

まず始めに、30kg程度の犬にどの程度のカロリーが必要なのか?
目標を設定しないといけません。
ドライフードで調べると、大体が300kcal/100g前後ですね。
 給餌量や成分によってかなり大雑把ですが、雰囲気はこんな感じです。
成長期の量で見ると1日に500〜750gが給餌量。
ってことは!? 1,500〜2,250kcal/day!

ドライフードは生食に比べて吸収率が悪いとはいえ、、、
結構なカロリーになっているので、正直驚きました。

で、最近のハルは一体何キロカロリー食べていたのか?
かか が調べたところ、850〜950kcal/dayでした。

単純にドライと比べると、生食のカロリーは40〜60%に減っています。
が、太っていくと言うことは、、、もの凄い吸収率なんですね〜
計算上、ドライの場合は半分以上が排泄されていると思われます。

新たなる作戦として
マトンやラム&チキンを完全に馬肉に変更
カロリーの少ない野菜&キノコを増量

これで、500〜600kcal/dayまで量を減らさずにカロリーダウン!


計算と考え方が間違っていなければ、1週間程度で効果が出せるはず。


体重が落ちないことも要因だと思うのですが、
最近お膝の調子は芳しくありません。。。

投薬治療についての経験談やハルの経過は後日アップします〜

とにかく減量だ!
[PR]

by toto_caca | 2008-04-15 15:17 | 生食&サプリメント