脱臼とCHDのお散歩

経験者ならお分かりだと思いますが、股関節がゆるく
膝が脱臼してしまう子のお散歩!

朝や調子の悪い時は、5歩も歩かないうちに脱臼します。
筋肉が弛緩しているのか?
単純に調子が悪いのか?
腰をフリフリ歩き出したとたんに、脱臼。。。

もしくは、おしっこをするときに悪い方の右足を軸にして左足を上げるとき。
膝の角度に無理がかかるため、脱臼しちゃいます。

その度に「マテ」をさせて、しゃがみ込んで脱臼を元に戻す。
歩き出す、脱臼、戻す、、、、これの繰り返し。

脱臼は本犬もわかっているので、いちいち止まりたくない。
歩いていたいので、その内跛行を我慢するようになる。
でも、腰の振り方が大きくなるので「マテ」で、戻す。

ハルは大腿骨の向きが悪いとも言われているので、そんな時は
太ももから膝下にかけてマッサージして、まっすぐ向くように。
マッサージを繰り返すと、調子が上向いたりします。

調子が良い時は並足手前くらいの速度でテッテケ歩きたがります。
ハルの場合、テッテケが必要な時と、ダメな時があるようで、
テッテケを維持して歩いている分には脱臼しない時もあれば、
あっという間にうさぎ跳び状態になることもあります。
 後ろ足をほぼ揃えてジャンプするように。。。

これも、飼い主の判断ですね〜
テッテケ歩き続けられる時はできる限りペースを維持してあげる。
うさぎ跳びになってしまう時は、できる限り早めに散歩を終わらせる。

ハルは運動制限を初めて約1ヶ月。
後ろ足の筋肉が目に見えて細ってきています。。。
歩ける状態のうちに、できるだけ歩かせてあげないとさらに筋肉が落ちます。
筋肉が落ちれば、膝だけではなく股関節の症状もひどくなります。

客観的にみて、年中しゃがんで犬の足を触っている飼い主って、、、
不気味ですよね〜(苦笑)

でも、一生懸命なんです!
[PR]

by toto_caca | 2008-04-08 00:06 | フラットコーテッドレトリバー

色んなブリーダーさん

多頭飼いを目指しているととですが、ハルの膝がおかしくなる前から
色々なところに問い合わせをしています。

かかにも内緒なのでこれ見たら怒られるだろうな〜(汗)

適当にではなく、こんな子が増えたら楽しいだろうな〜って、犬種。

 とあるブリーダーさんの条件
 「8ヶ月前後に去勢をし、手術の証明書と引き替えに血統書を渡す」
 
種の保存?管理?としては大切だろうなぁ〜 何となく納得。
 
CHDについては、6〜8頭の出産で1頭くらいは不全もしくは
股関節のゆるい子がでてしまうらしい。
親には遺伝性のものはなく、検査機関での検査結果も良好だとしても!

 複数頭確認された場合でも、誰かの元へ行かせることはしないし、
 自分の手元に残し繁殖には使わない。

だそうです。
そんなに早くからわかるのか?の問いに対しては
 「歩き出し、走り出した状態をみればわかる」とのこと。
 
経験に裏打ちされたお言葉でした。
心あるブリーダーとしては当然なのでしょうが、なんだか安心できますね〜
どんな言葉もきちんと聞ける気がします。

ただ、本当に完璧だと思える子は2〜3頭なんですって。
ゆえに、産まれた子のお値段も全部違うんですって。

納得っすね!

どうでした?
[PR]

by toto_caca | 2008-04-06 17:01 | 雑記

今後の対策

とと&かかは考えました。


何が、どんな治療がハルにとって最適なのか? を。


手術  ・現状  *対策  =事実
=外方脱臼は内包脱臼と比べて、手術の効果が出にくい。
・両方のテンションバランスが偏っていることも、脱臼の一因である。
=太ももの外側の筋肉(靱帯)は内側に比べて発達している。
=術中の弛緩しきった状態ではフルパワーがかかった際の予想がしにくい。
*膝蓋骨についている、内側の靱帯を補強するか?外側の靱帯を減らすか?
  開けてみないとわからないし、元に戻る可能性もある。
・滑車溝(膝蓋骨がはまる大腿骨の溝)が浅いので溝を掘る。
*必要であれば膝蓋骨が外側に逃げない様、骨を別の部分から切り取って、
 新しい「膝蓋骨が高くて乗り越えられない」土手を作り脱臼しないようにする。
  物理的には必要になるかもしれないし、完璧なのは理解できる。
  骨を移植することは、擬似的な骨折を作るのと同じ。
  これに耐えうるのは若いうちしかない。

 手術をする以上、数ヶ月以上のリハビリが必要。。。

 主治医の説得力のある見解。。。


投薬
 脱臼を投薬で治す医院があるという。。。
 8割程度の治癒率だという。。。
 必要なのは、減量、運動制限、と、投薬を2〜3ヶ月。
 薬代も驚くほど安い。らしい。
 減量も運動制限も股関節形成不全を鑑みると必要不可欠。
 が、この薬、最近はあまりこの症例には使われていない。。。
 なぜ???


一息。。。
お散歩コースの桜
b0132390_23292013.jpg




結論
 減量はドライフードではかなり難しいとの、経験者からのアドバイス。
 これにより
 完全生食を実行に移す。

 肉/野菜/発酵食品、ハーブ、これらのみを「生」で与えることにしよう
 運動制限は考え得る最大のものにしよう
 バリケン内での脱臼が多かったので大きなケージにしよう
 脱臼の症状と治し方を主治医に教わり、脱臼している時間を最小限にしよう
 今ひとつ信用しきれないが、投薬治療を取り入れよう。
 ※薬品名や効用についてはここでは明記しません。


●2ヶ月をメドに、改善がみられない場合は手術をしよう



現状打破のために、とと&かかの出した結論です。



ぶっさいくな! ハル!
b0132390_23315032.jpg

でも、可愛いと思ってしまう!!!!!(馬)



脱臼の戻し方を覚えるだけで、散歩が怖くなくなります。(マジ)
 脱臼している「異常」な時間を積極的に減らせるのは飼い主だけ
たまに跛行(ケンケン)してしまうのは、膝蓋骨の脱臼かもしれません。
かかりつけの医院に相談してみてください。
※股関節形成不全も、大いに影響があります!

グレード2の診断を受けたハルでさえ、脱臼していても跛行は稀。
慣れと諦めを愛犬が持つ前に、保護者が気付いてあげてください。

フリーにしたら問題なく走ってしまいます。ハルでさえ「普通に」走ります。。。

話せない「子」の状態に気付いてあげてください。

ととからのお願いです。


※生食前の34kgに対して約2週間で3kg以上の減量に成功しました。
 毛艶は問題なく、口臭&体臭はなくなり、肌の色はとても綺麗になり
 ウンチも量は激減しますが、状態は良好です。
 骨や筋を生のまま食べさせるので、歯石も自然になくなった!
 ただし、経済的な負担は倍以上ですね。。。。
[PR]

by toto_caca | 2008-04-04 18:18 | フラットコーテッドレトリバー