グレース 血便!

ハルの検診よりも優先事項となってしまった昨日。

明け方から珍しくグレースがキュ〜キュ〜鳴きまくり。
いたたまれずかかが屋上へ連れて行くと、、、
ピ〜なNo.2に続き鮮血を出してしまったグレース。

その後のお散歩でも、No.2に鮮血がついているし出し切った後も
鮮血を排泄している様子。

が、元気も食欲もあるのでととは仕事をさっさと済ませて病院へ。
直前のNo.2は形はしっかりしているものの柔らか〜と言うかグニャグニャ!
鮮血はここには付かず。

朝からの全ての排泄物をキープしての診察。
 これ以前にお腹を触っても腸が固くなっている様子はなく。
 多少の余裕と共に訪院したわけです。
採血後にNo.2と血液検査の結果、寄生虫や内臓や腸が決定的な
ダメージを受けているような数値はナシ。
とりあえず一安心。

推測の域を出ませんが、噛んでいない骨が腸を傷つけ粘膜がはがれてしまい
そこからの出血ではないか?
これであればしばらくの投薬で症状の改善が見られるはず。
この間に大きな症状の悪化が見られることもないだろうことから
若干の食事制限と投薬で様子を見ることになりました。

グレースは本当に咀嚼が少なく、手羽元程度の骨であればそのままゴックン!
No.2でもそのまま出てきたりしています!(苦笑)

ただ、心配なのは必要量を食べてはいても体重が減ってきています。
昨日の段階では 24.8kg 。。。
ハルよりも軽い!
血液検査の数値も、不健康でもないので心配はしていませんが、
もう少し太らせられないかと思案中。
脂肪分ではお腹が緩くなるのでこれ以外での方法を考えています。

ドライフードを混ぜた方が良いのではないのか???
穀物を摂らせた方が良いのではないか???

これらは全て胃腸に負担を与えてしまいそうなので、まずは肉の量を増やし
野菜は全てミキサーにかけて粉々にする方法を試します。
骨は可能な限り叩いて粉々にするか、基本的にはナシの方向。

かなりデリケートな胃腸を持つグレース!
ハルの膝以上に慎重に様子を見なければならないようです!


さて、今週末は雪山へ馳せ参じます!
昨年のハルはギプスをしていたしフリーには出来なかったので
本当の意味での雪山デビュー!

人間用の衣装も全て揃えた!!!
車の冬支度も着々と進んでいます!


おまえ達!
問題なく日々を過ごしてくれ!(爆)






病院の帰り道や今日になってからは、柔らかめという程度で
鮮血は混じらず!

おいおい、って感じですが取り越し苦労で済んでくれれば結果オーライ!

君たちの苦痛が少なく、こちらの気持ちが疲れるだけであれば、
いくらでも疲れてあげるから!

つぅか、こんな状況であれば疲れたなんて気付かずにいられるし!

いつもの笑顔をいつまでも見せてくれ!

ととの願いです!!!(真)
[PR]

by toto_caca | 2009-01-19 00:17 | ワイマラナーロングヘアード