人気ブログランキング |

ドッキドキ!

昨晩から今朝にかけて、久しぶりにドキドキしました〜

もの凄く悪い意味で!!!

ととが帰宅すると決まってはしゃぎ回る、ハル&グレース。

いつものように、それ見ろ!脱臼してるじゃないか!って治そうとしたのですが、、、
ハルが膝を曲げたがらない。。。
もの凄く痛がり、珍しくキャンッて。。。
散歩に連れ出しても、ワンツーしたら帰ると訴えてる。。。
跛行してもおかしくないほど、左足に負重がかかっていない。。。

少し腫れている膝を触りながら、とうとう。ついに。やっぱり。
と、ネガな考えに支配されつつ対応を考えてました。
ひねったとか、一過性のものであれば朝になれば多少は良くなるだろう。
万が一の場合であっても、一時を争うものではないだろう。

で、今朝は朝一番で右膝の手術をした病院へ!
8:30には付いたのですが、すでに並んでる〜相変わらず人気だなぁ〜
手術から2年も経つのに、スタッフさんや先生達も覚えていてくれた!
みんながハルの膝を触り酷いことにはなっていないんじゃないか?
レントゲンは確認した方が良いんじゃないか? とかとか、、、
と、診察前に色々な意見が聞けたり!

で、検診の結果は「ねんざ」。
お散歩もボール投げとかしない限りは制限なしでよいとのこと。
いやぁ〜、ホッとしました!


が、以前から気になっている右前足と左後ろ足の弱さは変わらず。。。
かばっている分だけ負担がかかっているのだろうと。

とりあえず1週間は、消炎鎮痛剤ではなく靱帯の張りを弛緩させる薬を飲ませます。
日々調子が戻ってくれればいいのですが。。。
あまりに良くならないと、犬種ゆえに起こりやすい腫瘍の心配が。
腫れや痛みが引かないと判断しかねるらしいのですが、
日々見落としがないようチェックする事も勧められました。
リンパ節の触り方、確認の仕方も教えてもらったので毎日触って確認です!



ボール投げもグレースと一緒ではなく、別々にした方が良いかもしれない。。。

ハル&グレースがじゃれながら、ジグザグに走って帰ってくる様は
何度見ても本当に楽しそうで見ているこちらも楽しくなるのですが。。。


2月、3月と裏磐梯へのお出かけが決まりました!
いつまでも楽しく遊ばせるためには、多少の我慢は致し方ない。


色々考えないといけません。

by toto_caca | 2010-01-27 19:29 | フラットコーテッドレトリバー